INFOOT 2

製品一覧へ

概要

INFOOT 2

INFOOT 2 は、人の足の形状を計測し、その解剖学的寸法を測定する非接触三次元計測機です。

4本の赤色レーザーから平面状に照射されるラインレーザー光の投影ラインを8台のカメラで撮像し、光切断方による輪切り断面を集積することにより足の3D形状を計測します。
計測時間は2秒程度で、計測したデータは USB 3.0 ケーブルで接続されたPCに送信され、PC上で足の3D形状や寸法を確認することができます。

取得するデータ

足の形状データは3Dの点群として独自のバイナリ形式で保存されます。
これはオプションソフトウェア「File Converter」を使用することで 「CSV」「DXF」「STL」等の一般的なCADフォーマットに変換することもできます。

また、ランドマークシールを使用することにより足の解剖学的特徴点(骨の位置等)を取得することができます。
この解剖学的特徴点から足長、足囲、足幅等の足の寸法を正確に取得することができます。
これらの足形状や寸法はすべて被験者毎のIDに紐付いた状態で保存され、データベースに蓄積されます。

計測項目の詳細につきましては「計測項目詳細」をご覧ください。

機能・特徴

  1. 解剖学に基づいた寸法
  2. INFOOT では、足の解剖学的特徴点を取得し、それらの特徴点に基づいて寸法を算出します。
    ランドマークシールを足に直接貼り付けることで、3D形状を見るだけでは判別できない正確な骨の位置等の情報を足データに付加します。
    INFOOT は最大で15点のランドマークシールを解剖学的特徴点として自動で認識することができます。
    また、その解剖学的特徴点や足形状から最大で37項目の寸法を算出します。
    Landmark
    ランドマーク・寸法の一例
    I-Ware Lab では、足の計測において最も重要であることは、それが科学的再現性を持った定義に基づいており、 かつそれが「足」として再記述可能な定義に基づいていることである、と考えています。
  3. NEWカバーレス計測
  4. INFOOT 2 では外乱光の影響を抑えることができました。
    これにより室内であれば、外乱光防止のカバーを掛けること無く足を計測することができます。
  5. NEWガラスヒーティングシステム:足裏ノイズの改善
  6. INFOOT シリーズでは、足裏形状を取得する為に、計測中は足が強化ガラスの上に乗った状態になります。
    このとき従来の INFOOT では、足とガラス面との温度差によって足裏の水蒸気がガラス面上に結露し、 これがレーザー光を反射して測定ノイズとなることがありました。

    この問題に対して、INFOOT 2 ではガラスヒーティングシステムを搭載しました。

    ガラスヒーティングシステムによってガラス面が温めるられることで、足とガラス面との温度差による結露が防止されます。
    その結果、この足裏の測定ノイズの問題を大幅に改善することができました。

  7. Updated正確さとスピードの最適なバランス
  8. 前モデルである INFOOT USB に比べて4倍のスピードで計測します。
    新しく開発したカメラキャプチャボードと高速な USB 3.0 ケーブルを使用することでこのスピードが実現できました。
    片足あたり2秒程度で計測でき、かつその精度は足囲長で1.0mm未満です。
    (ただしPCスペックによっては、計測後のデータ転送やPCでの処理で片足あたり15-20秒程度掛かります。)
  9. Updated信頼性と安全性
  10. INFOOT シリーズは、店舗での運用から学術研究の分野まで、幅広い用途で世界中のお客様からご愛顧頂いております。
    安全性の面では、INFOOT 2 は安全規格の CE / MET 認証を取得しております。
    また Class1 (JIS C 6802) レーザーを使用しているため、レーザー光を直接見ても目を傷める心配はありません。
  11. 多様な計測オブジェクト
  12. INFOOT は、裸足、靴下をはいた足、足モデル等、多彩な対象物を高い精度で計測することができます。
  13. 一人ひとりの足の歴史
  14. INFOOT では、計測した一人ひとりに iTouch ID が発行されます。
    この iTouch ID によって、同じ一人の人が別々の機会に計測した足形データ同士がつながっています。
    これは、一人ひとりの足の歴史を作る、ということです。
    計測した足形は iTouch 情報サービス でいつでも確認することができます。
  15. 可搬性
  16. オプションで堅牢なキャリーケースをご用意致します。
  17. 拡張性
  18. INFOOT で計測したデータは、I-Ware Lab が提供する様々なサービスと連携することができます。
    これによって足にまつわる研究や事業に役立てることができます。
  19. ワンストップ
  20. INFOOT は開発から製造、販売、サポート(国内)まで、一貫して I-Ware Lab が行っております。

ソフトウェア

INFOOT には足を計測する為の基本的なソフトウェアが標準で付属されています。

また上記以外にも、オプションで様々なソフトウェアを提供しております。

INFOOT Optional Software
  1. File Converter
  2. 計測した足形状データを INFOOT の独自バイナリデータからCADで利用可能な形式へ変換するソフトウェア。
  3. 実寸印刷
  4. 実寸印刷は、INFOOT で計測した足形データのパーティングライン、接地面、足囲断面等を、A4もしくはA3用紙に実物大で印刷するためのソフトウェア。
  5. Foot Reformer
  6. INFOOT で計測したフラットな足底面を曲げたり膨らませたりして変形させるソフトウェア。

計測サンプル

点群
点群
サーフェスモデル
サーフェスモデル
足裏
足裏

製品仕様

装置仕様
名称 三次元足形計測装置
品名 INFOOT 2
型番 IFU2-S-01
本体寸法 633(L) × 352(W) × 300(H) mm
電源 100-240V∼ ±10% 50/60Hz (ACアダプタ付属)
消費電力 DC24V 5A (120W max.)
総重量*1 (本体重量) 22kg (18kg)
安全規格 CE, MET
ガラスヒーティング ITO薄膜
主な付属品 足置き台
ACアダプタ
USB 3.0 ケーブル 1m
USB 3.0 リピーターケーブル 3m
キャリブレーションキット
ランドマークシール
足モデル
ソフトウェア (Measure, Tester, DBController)*2
USB ライセンスキー
マニュアル*2
*1 足置き台、ACアダプタを含む *2 ダウンロード提供
利用環境
温度範囲 15°C ∼ 40°C
湿度制限 35% ∼ 60%
設置場所 室内専用
(直射日光は避けること。また設置場所近辺に暖色系の光源やPOP等の展示物が無い方が望ましい。)
計測仕様
計測速度 60, 120mm/sec (片足:約2秒)
処理時間 15 ∼ 20 秒/足 (論理プロセッサ数が8以上の場合)
計測誤差 1.0mm step : Y(W)-Z(H)=1mm, X(L)=1mm
0.5mm step : Y(W)-Z(H)=1mm, X(L)=0.5mm
データ形式 FBD (独自点群バイナリーデータ)
計測範囲 380(L) × 200(W) × 150(H) mm
計測条件
計測対象 人の足、ランドマークシール
(ただし黒い靴下等光を吸収するもの、あるいは光沢のあるペディキュア等の光を反射するものは計測できないことがあります。)
足サイズ上限 L=380mm, W=180mm 以内
重量制限 200kg/人 以内
動作環境
OS Microsoft Windows 10 (32 bit, 64 bit)
CPU x86互換 2.6GHz以上、論理プロセッサ数が8以上
メモリ 4GB以上
インターフェース USB 3.0 ×1, USB 2.0 ×1 (USB 3.0 は本体、USB 2.0 はUSBライセンスキーを接続)
画面解像度 1024×768 ピクセル以上 (1280×800 以上を推奨)
ストレージ ソフトウェアインストールのために空きが20MB以上必要
(ただし足形データ保存毎に1人あたり1MB程度使用します。)
接続条件 PCと計測機本体の接続には、付属のアクティブリピータケーブル(3m)及び USB 3.0 のケーブル(1m)をご使用ください。
弊社指定外のハブ、ケーブル、リピータを用いた場合は動作保証外となります。

外形寸法図 (単位はmm)

INFOOT 2
INFOOT2 外形寸法図

ダウンロード