INFOOT USB

製品一覧へ

概要

INFOOTとは?

INFOOT は、光学三次元足形計測装置です。
基本的には、人の足の形状とその解剖学的寸法を計測する計測機です。
付属のソフトウェアを利用し、PC上で足形の計測 / DB化を行います。
またオプションソフトウェア「LastMeasure」を使用することで靴型を計測することもできます。

計測方式は、赤色レーザーを使いCCDカメラで撮像する光学切断方式です。
計測時間は計測対象物の大きさにより変わりますが、殆どの場合10秒未満で計測が完了します。

Standard Type とより高い位置まで計測できる High Type があり、 Standard Type は150mmまでの高さ(くるぶし上辺り)、 High Type は250mmまでの高さ(ふくらはぎ下部辺り)を計測することができます。

取得するデータ

形状データは三次元の点群として独自のバイナリ形式で保存されますが、 オプションソフトウェア「File Converter」を使用すれば 「CSV」「DXF」「STL」等の一般的なCADフォーマットに変換することもできます。

ランドマークシールを使用することにより足の解剖学的特徴点を認識します。
この解剖学的特徴点から足長、足囲、足幅等の足の寸法を正確に取得することができます。
それらの寸法はすべてデータベースに蓄積されます。

計測項目の詳細につきましては「計測項目詳細」をご覧ください。

機能・特徴

  1. 解剖学に基づいた寸法
  2. INFOOT のユニークな特徴の1つに、解剖学的な特徴点の取得と、それに基づいた寸法の算出が挙げられます。
    ランドマークシールを使用することで、最大15点の特徴点と38種類の寸法を取得することが可能です。
    I-Ware Lab では、足の計測において最も重要であることは、それが科学的再現性を持った定義に基づいており、 かつそれが「足」として再記述可能な定義に基づいていることである、と考えています。
  3. 正確さとスピードの最適なバランス
  4. 片足あたりの計測時間は数秒程度というスピード感にもかかわらず、 精度は足囲長で1.0mm未満という高精度を実現しています。
  5. 信頼性と安全性
  6. 発売から20年以上に渡り、店舗でのシューズ選び、カスタムシューズ制作、製品の開発、学術研究などの多くの場面で、 INFOOT は世界中のお客様からの信頼を獲得し続けてています。
    また Class1 (JIS C 6802) レーザーを使用しているため、レーザー光を直接見ても目を傷める心配はありません。
  7. 多様な計測オブジェクト
  8. INFOOT は、裸足、靴下をはいた足、足モデル、さらにはLastMeasureを使用すれば 靴型まで、多彩な対象物を高い精度で計測することができます。
  9. 一人ひとりの足の歴史
  10. INFOOT では、計測した一人ひとりに iTouch ID が発行されます。
    この iTouch ID によって、同じ一人の人が別々の機会に計測した足形データ同士がつながっています。
    これは、一人ひとりの足の歴史を作る、ということです。
    計測した足形は iTouch 情報サービス でいつでも確認することができます。
  11. 可搬性
  12. オプションで堅牢なキャリーケースをご用意致します。
  13. 拡がり
  14. INFOOT で計測したデータは、I-Ware Lab が提供する様々なサービスと連携することができ、 足にまつわる研究 / 事業を手助けします。
  15. ワンストップ
  16. INFOOT は開発から製造、販売、サポート(国内)まで、一貫して I-Ware Lab が行っております。

オプションソフトウェア

INFOOT には足形計測(Measure)、足形データ管理DB(DB Controller)、計測機状態チェック(Tester)等、 足形を計測するための基本的なソフトウェアが標準で付属されておりますが、 それ以外にも様々なオプションソフトウェアを提供しております。

INFOOT Optional Software
  1. File Converter
  2. INFOOT の独自バイナリデータをCADで利用可能な形式へ変換するソフトウェア。
  3. 実寸印刷
  4. 実寸印刷は、INFOOT で計測した足形データのパーティングライン、接地面、断面を、A4もしくはA3用紙に実物大で印刷するためのソフトウェア。
  5. Foot Reformer
  6. INFOOT で計測したフラットな足底面を曲げたり膨らませたりして変形させるソフトウェア。
  7. LastMeasure
  8. INFOOT で靴型を計測することもできる、靴型特化のソフトウェアツールボックス。

計測データサンプル

点群
点群
サーフェスモデル
サーフェスモデル
足裏
足裏

製品仕様

装置仕様
モデルStandard TypeHigh Type
名称 三次元足形計測装置
品名 INFOOT USB Standard Type INFOOT USB High Type
型番 IFU-S-01 IFU-H-01
装置寸法 685(L) × 400(W) × 310(H) mm 685(L) × 400(W) × 430(H) mm
電源 100-240V ±10% ∼50/60Hz
消費電力 Max 150W
総重量* (本体重量) 35kg (26kg) 40kg (31kg)
安全規格 CSA, CE
* 足置き台、手すりを含む
利用環境
モデルStandard TypeHigh Type
温度範囲 15°C ∼ 40°C
湿度制限 35% ∼ 60%
設置場所 室内専用 (直射日光は避けること)
計測仕様
モデルStandard TypeHigh Type
計測速度 30mm/sec
計測誤差 1.0mm step : Y(W)-Z(H)=1mm, X(L)=2mm
0.5mm step : Y(W)-Z(H)=1mm, X(L)=1mm
データ形式 FBD (独自点郡バイナリーデータ)
計測範囲 400(L) × 200(W) × 150(H) mm 400(L) × 200(W) × 250(H) mm
計測条件
モデルStandard TypeHigh Type
計測対象 人の足、ランドマーク
(但し黒い靴下等光を吸収するもの、あるいは光沢のあるペディキュア等の光を反射するものは計測できないことがあります。)
足サイズ上限 L=380mm, W=180mm 以内
重量制限 200kg/人 以内
動作環境
モデルStandard TypeHigh Type
OS Microsoft Windows 7, 8, 10 (32 bit, 64 bit)
CPU x86互換 1.66GHz以上 (マルチコアCPU推奨)
メモリ 2GB以上
インターフェース 2つ以上の USB2.0 ポート (USBハブ可:INFOOT本体とUSBライセンスキー)
画面解像度 1024×768 ピクセル以上
(1280×800 以上を推奨)
ストレージ ソフトウェアインストールのために空きが20MB以上必要
(ただし足形データ保存毎に1人あたり1MB程度使用します。)

外形寸法図 (単位はmm)

Standard Type
外形寸法図 Standard Type
High Type
外形寸法図 High Type

ダウンロード